TECTONの目的

個人事業体”Studio ibex“のメインコンテンツ、『3D』によって、VR、ARを駆使し、実存的仮想世界を構築します。

仮想世界でのプレゼンテーション、実現性を再現した後、企業体”TECTON“のコンテンツである『建築』、『プロダクト』によって現実世界に具体化を試みます。

集大成として、電気を全く使わない劇場を作ります。

最終目的は、これらのプロジェクトを作り上げる上での成長を重要項目とし、工程を嚙みくだき、全く新しいモノを生み出すこと。

そして、無機体発明から有機体発明への離脱を試みます

Name : 伊部 良平 (イベ リョウヘイ)

大学院在学中、建築構造デザイン事務所でアルバイトをしている時に、漫画家になって、漫画に出てくるような建築を作る、と宣言しアルバイトと大学院を辞める。作業効率が良く、自分の作曲の技術と組み合わせられることから、3Dアニメーションを作るようになる。