からくり座の外観

からくり座の外観はこんな感じにしようとしています。

究極、なるべく電気を使わず、人力や自然エネルギーを使った機巧によって成り立っている劇場。

東日本に設置し、原発を減らすアピールがしたいです。

紀伊国屋で、「あ、コレからくり座っぽいじゃん!」と思って購入しました。

組み立てるの難しそうですが、これくらい作れないと、からくり座も作れないでしょう。

からくり座で披露する物語

原発が暴走し、人類が火星へと移住した後の残されたロボットたちの日常を描く。

題名は『INORGANIC(イノルガニック)』。その後に数字で0000564などと付く。これは、原発が暴走してから564年たった日、という意味。

劇場へ行くと、腰高程度のロボットたちが、我々を見て「神だ!宇宙人だ!」などという設定。

BGMはJAZZ。

ロボットたちの会話は、セッションといって、内蔵された音で会話する。文字は全て数字。

映画会社の体制が整い、合成技術等がそろったら、0000000を描く。

ロボットは、バイオマスエネルギーを動力とし、実や植物を食べる。

人間のDNAをもとに作られたため、ロボットたちの生活は人間の生活にごく近い。

ロボットには、DNAチップが埋め込まれており、機械学習で成長がプログラムされる。

結婚して、子供を作るときは、二人で製鉄所へ向かい、新しいボディに二人のDNAチップを挿入する。

劇場には、ヒトの入れるカプセルを置き、VR技術によってロボットをリモートコントロールできるようにし、リモートコントロールされたロボットは、人類でいうキリストのような役割を果たす。

ロボットたちは、人類による、ロボット製作各社の取扱説明書の残骸を聖書と呼び、各社の取扱説明書の記載の違いによって、戦争を起こす。

残されたロボットたちの日常、戦争、宗教、社会を描く。